カテゴリー
オズの魔法使い2

最も恐ろしい獣『#102_オズの魔法使い』

あらすじ

ドロシー、案山子の次に木こりがオズに呼ばれた。彼が見たオズの姿は巨大な獣だった。眼と腕と足は5つあり、想像できるかぎり最も恐ろしい姿だった。もしも木こりに心臓があれば激しく脈打っていたであろう。しかし木こりが感じたのは、オズが女性の姿ではなかったことへの落胆だけだった。

next post

#102 The Wonderful Wizard of Oz 英語読み
The Wonderful City of Oz

But when the Woodman entered the great Throne Room he saw neither the Head nor the Lady, for Oz had taken the shape of a most terrible Beast.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

木こりが偉大な王の間に入室すると、彼が見たものは頭でも女性でもなかった。オズはとても恐ろしい獣の姿をとっていた。

It was nearly as big as an elephant, and the green throne seemed hardly strong enough to hold its weight.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

その姿は象と同じくらい大きく、緑の玉座はその重さを支えるだけの強度がないように見えた。

The Beast had a head like that of a rhinoceros, only there were five eyes in its face.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

その獣はサイのような頭を持っていた。顔にあるのは5つの眼だけだった。

There were five long arms growing out of its body, and it also had five long, slim legs.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

身体から5本の腕が生えていて、同様に5本の長細い足が生えていた。

Thick, woolly hair covered every part of it, and a more dreadful-looking monster could not be imagined.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

毛深い羊のような毛が手足を覆っていて、それ以上に恐ろしい姿の怪物は想像もできなかった。

It was fortunate the Tin Woodman had no heart at that moment, for it would have beat loud and fast from terror.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ブリキの木こりに心臓がなかったことは幸いだった。恐怖のあまり、激しい鼓動を打ったであろうから。

But being only tin, the Woodman was not at all afraid, although he was much disappointed.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

しかしブリキになっていた木こりは、当てが外れてがっかりはしていたが、全く恐れてはいなかった。

posts list