カテゴリー
オズの魔法使い2

火の玉の正体『#105_オズの魔法使い』

あらすじ

ライオンがオズに謁見する番になった。彼が王の間に入ると、そこには近づけないほど熱い火の玉があった。何かの事故が起きたのかとライオンは考えた。ところがなんと、火の玉はオズを名乗ってライオンに話しかけてきた。

next post

#105 The Wonderful Wizard of Oz 英語読み
The Wonderful City of Oz

The Lion at once passed through the door, and glancing around saw, to his surprise, that before the throne was a Ball of Fire, so fierce and glowing he could scarcely bear to gaze upon it.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ライオンはすぐに扉を通り抜けた。そしてちらりと見ると、信じられないことに、王座の前にはとても視線を合わせることができないほどに激しく燃える火の玉が見えた。

His first thought was that Oz had by accident caught on fire and was burning up; but when he tried to go nearer, the heat was so intense that it singed his whiskers, and he crept back tremblingly to a spot nearer the door.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼がまず思ったのは、事故によってオズに火がついてしまい燃え上がったのかもしれないという考えだった。しかし彼が近づこうとしたところ、熱気が強すぎて彼の髭を焦がし、彼は恐れおののいて扉近くまで下がった。


Then a low, quiet voice came from the Ball of Fire, and these were the words it spoke:

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

すると、低く静かな声が火の玉から聞こえてきた。それが語った言葉は次に述べる事柄だった。

“I am Oz, the Great and Terrible. Who are you, and why do you seek me?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私は偉大で恐ろしいオズだ。お前は誰で、なぜ私を探すのか?」

And the Lion answered, “I am a Cowardly Lion, afraid of everything. I came to you to beg that you give me courage, so that in reality I may become the King of Beasts, as men call me.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ライオンは答えた。「私は全てに怖がる臆病者のライオンです。あなたに勇気を授けてもらえるよう頼みにやってきました。そうすれば、人々が言うような獣の王に本当になれるかもしれない」

“Why should I give you courage?” demanded Oz.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「なぜ私がお前に勇気を与えると思うのだ?」オズは問いただした。

“Because of all Wizards you are the greatest, and alone have power to grant my request,” answered the Lion.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「なぜなら、全ての魔法使いたちの中であなたが一番偉大だからです。そして唯一私の願いを叶える力を持つからです」ライオンは答えた。

posts list