カテゴリー
オズの魔法使い2

ライオンの抵抗『#122_オズの魔法使い』

あらすじ

ライオンの抵抗は激しかった。魔女は馬具を取り付けるまでライオンに食事を与えないことにして、毎日彼に抵抗を諦めるよう言ったが、彼は言う事を聞かなかった。
ライオンが食事を摂らなくとも平気だったのは、ドロシーが毎晩食事を運んだからだった。

next post

#122 The Wonderful Wizard of Oz 英語読み
The Search for the Wicked Witch

“If I cannot harness you,” said the Witch to the Lion, speaking through the bars of the gate, “I can starve you. You shall have nothing to eat until you do as I wish.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

魔女は門の隙間からライオンに言った。「お前に馬具を付けることができないのなら、私はお前を飢えさせることができる。私が望む通りに行動するまで、お前は食べ物を得られない」

So after that she took no food to the imprisoned Lion; but every day she came to the gate at noon and asked, “Are you ready to be harnessed like a horse?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

そう言った後、彼女は閉じ込められたライオンに対して食事を与えなかった。しかし彼女は毎日正午に門へ行き、尋ねた。「馬具を取り付けられる用意はできた?」

And the Lion would answer, “No. If you come in this yard, I will bite you.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ライオンは答えた。「いいえ。もし庭に入ったら、私はあなたを咬みます」


The reason the Lion did not have to do as the Witch wished was that every night, while the woman was asleep, Dorothy carried him food from the cupboard.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ライオンが魔女の望む通りにする必要がなかった理由は、魔女が眠ると、毎晩ドロシーが収納庫から食べ物を届けていたからだ。

After he had eaten he would lie down on his bed of straw, and Dorothy would lie beside him and put her head on his soft, shaggy mane, while they talked of their troubles and tried to plan some way to escape.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

食べ終えた後、彼は藁のベッドに横たわった。ドロシーは彼のそばで横になり、彼の柔らかくふさふさしたタテガミに頭を乗せた。彼らは厄介な状況について話し合いつつ、逃げるための方法を模索した。

But they could find no way to get out of the castle, for it was constantly guarded by the yellow Winkies, who were the slaves of the Wicked Witch and too afraid of her not to do as she told them.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

しかし彼らは城から逃げる方法を見つけることができなかった。城は黄色いウィンキーズによって絶えず監視されていたからだ。ウィンキーズは邪悪な魔女の僕であり、彼女を恐れて言いなりだった。

posts list