カテゴリー
オズの魔法使い2

西の魔女の結末『#126_オズの魔法使い』

あらすじ

ドロシーは盗んだ銀の靴を返すよう魔女に要求した。しかし魔女は自分の物だと言い張って、返そうとしなかった。それどころか、もう片方の靴も自分の物にするつもりだと宣言した。
ドロシーが腹を立ててバケツの水を魔女にかけると、魔女の身体が縮みだした。

next post

#126 The Wonderful Wizard of Oz 英語読み
The Search for the Wicked Witch

The little girl, seeing she had lost one of her pretty shoes, grew angry, and said to the Witch, “Give me back my shoe!”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

取られてしまった靴を見て、少女は腹を立てて声を上げた。「私の靴を返してください!」

“I will not,” retorted the Witch, “for it is now my shoe, and not yours.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「お断りだ」魔女は言い返した。「これは私の靴であり、お前のものではない」

“You are a wicked creature!” cried Dorothy. “You have no right to take my shoe from me.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「あなたは意地の悪い人です!」ドロシーは叫んだ。「あなたは私から靴を取り上げる権利をもっていません」

“I shall keep it, just the same,” said the Witch, laughing at her, “and someday I shall get the other one from you, too.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「そうだとしても、私はこれを放さない」魔女は笑いながら言った。「いつの日か、私はお前からもう片方の靴も手に入れよう」

This made Dorothy so very angry that she picked up the bucket of water that stood near and dashed it over the Witch, wetting her from head to foot.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

これはドロシーをとても怒らせて、彼女は近くにあった水の桶を拾い上げた。そして魔女にぶちまけて彼女を全身びしょぬれにした。

Instantly the wicked woman gave a loud cry of fear, and then, as Dorothy looked at her in wonder, the Witch began to shrink and fall away.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

すぐに邪悪な魔女は恐怖の悲鳴をあげた。ドロシーが驚いて彼女を見ると、魔女は縮んで痩せ始めた。

“See what you have done!” she screamed. “In a minute I shall melt away.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「お前がしたことを見ろ!」彼女は金切り声をあげた。「もうすぐ私は消えてしまうだろう」

“I’m very sorry, indeed,” said Dorothy, who was truly frightened to see the Witch actually melting away like brown sugar before her very eyes.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「本当にごめんなさい」目の前でブラウンシュガーのように溶ける魔女を見て、ドロシーはぞっとした。

“Didn’t you know water would be the end of me?” asked the Witch, in a wailing, despairing voice.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「お前は知らなかったのか?水が私の最後となることに」魔女は嘆き悲しむ声で尋ねた。

“Of course not,” answered Dorothy. “How should I?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「当然、知りませんでした。どうしましょう?」ドロシーは答えた。

posts list