カテゴリー
オズの魔法使い2

エメラルドシティに着陸する『#147_オズの魔法使い』

あらすじ

猿の王がゴールデンキャップの持ち主に従う理由を話し終えるころ、ドロシーの眼下にはエメラルドシティの壁が見えてきた。彼はドロシーを丁寧に降ろすと、すぐにその場から飛び去った。ドロシーがゴールデンキャップの持ち主であったことにライオンは深く感謝した。

前回:オズの魔法使い#146

次回:オズの魔法使い#148

オズの魔法使い記事一覧2

#147 The Wonderful Wizard of Oz 英語読み
The Winged Monkeys

As the Monkey King finished his story Dorothy looked down and saw the green, shining walls of the Emerald City before them.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

サルの王が話し終えるころ、ドロシーの眼下にはエメラルドシティの壁が見えてきた。

She wondered at the rapid flight of the Monkeys, but was glad the journey was over.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼女は猿たちの飛行速度にビックリしたが、旅が終わったことを喜んだ。

The strange creatures set the travelers down carefully before the gate of the City, the King bowed low to Dorothy, and then flew swiftly away, followed by all his band.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

羽サル達は都市の門前に旅人たちを降ろした。猿の王はドロシーに深くお辞儀をして、すぐに群れを従えて飛び去った。

“That was a good ride,” said the little girl.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「良い乗り心地でしたね」少女は言った。

“Yes, and a quick way out of our troubles,” replied the Lion. “How lucky it was you brought away that wonderful Cap!”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「そうですね。危機を脱する手っ取り早い方法でした」ライオンは答えた。「あなたがあの素晴らしいキャップを持ち出したのは何て運がよかったのでしょう!」