カテゴリー
オズの魔法使い3

仲間との別れ『#221_オズの魔法使い』

今回のあらすじ

ドロシーは仲間たちと別れのあいさつを交わした。気がつくと、彼女は仲間との別れに涙を流していた。最後にグリンダの親切に感謝を言うと、ドロシーはトトを抱いてシルバーシューズの力を使った。

previous page : オズの魔法使い#220

next page : オズの魔法使い#222

contents : オズの魔法使い記事一覧

#221 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語述語・修飾語

She threw her arms around the Lion’s neck and kissed him, patting his big head tenderly.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーはライオンの首に腕をかけて、優しく頭を撫でてキスをした

Then she kissed the Tin Woodman, who was weeping in a way most dangerous to his joints. 

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

そのあと、彼女はブリキの木こりにキスした。木こりは関節が錆びるのも気にせずに泣いていた。

But she hugged the soft, stuffed body of the Scarecrow in her arms instead of kissing his painted face, and found she was crying herself at this sorrowful parting from her loving comrades.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーは描かれた顔にキスする代わりに、案山子の柔らかな詰め物の体を抱きしめた。いつの間にかドロシーは愛する仲間たちとの悲しい別れに涙を流していた。

Glinda the Good stepped down from her ruby throne to give the little girl a good-bye kiss, and Dorothy thanked her for all the kindness she had shown to her friends and herself.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

グリンダはルビーの玉座から降りて少女に別れのキスをした。ドロシーはグリンダが示した親切に感謝した。

Dorothy now took Toto up solemnly in her arms, and having said one last good-bye she clapped the heels of her shoes together three times, saying:
“Take me home to Aunt Em!”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーはトトをしっかりと腕に抱き、最後のお別れを言って、靴のかかとを三回打ち合わせた
「私を叔母のエムのもとに連れ帰って!」

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese